ママの白い歯外来

当クリニックの白い歯治療とは?

ママの存在は、子供にとっても家庭にとっても大きなものです。「ママの笑顔は子供の幸せ」とも言いますが、素敵なママの笑顔は何にも勝る物だと思います。

また、素敵な笑顔の条件には、「白い歯」というキーワードを思い浮かべる方も多いと思います。

色々気になる点は多いと思います。では、当院で行っている「白い歯治療」についてご説明しますね。大きく分けて2つあります。

Noメタル治療(メタルフリー治療)

お口の中に入っている、一般的な保険診療で扱っている金属を外し、中の状態を確認します。その後、悪いところを取り、白い詰め物や被せ物に替えます。

金属を外した時、かなりの確率で虫歯になっている事が多いです…

というのも、保険適応の歯科金属は、お口の中で溶けやすく、溶けたスキマからまたむし歯菌が入り中で虫歯が進行します。金属なので目で見ても分かりづらいのです。

また、恐ろしい事に、これらの金属は、溶ける際にお口の中のタンパクなどと結合してアレルギーを引き起こす物質に変わり、金属アレルギーを引き起こす引き金になっている可能性もあると言われています。

ホワイトニング

お家で手軽に出来るホームホワイトニング

歯科医院で行う、一度で白さが実感ができるホワイトニング

ホワイトニングをするにあたって、お口の中の状態を確認させて頂き、治療方針のご提案を致します。

それぞれのライフスタイルに合わせた治療が可能です。

また、短期間で白くしたい。真っ白でなく、自然な歯の色に変えたい。前歯の被せを入れたけど、色が変わってきた…などと言ったお悩みをお持ちの方も一度ご相談ください。

詰め物・被せ物について

セラミック

陶材(お皿などに用いる素材)

光の透過性が歯に似ており、抜けるような美しい白さを持つ。審美性が高い素材。とても硬い。色が変化せず、いつまでも美しいですが、少し脆く割れたり欠けたりする可能性もあります。

ハイブリッド

強化プラスチックのことです。

歯に近い硬さで割れにくい。色に多様性があり、様々な色の歯に対応できる。比較的手頃な金額ですが、プラスチックなので、少し色が変化する場合があります。

ジルコニア

鉱石の一種で、宝石や人工ダイヤとして使われます。非常に固くて、丈夫。とても白い歯がお好みの方や、噛む力が強い方にオススメです。とても硬いので、再治療が大変です。

上記が当院で扱っている白い歯の材料です。

当クリニックでは、歯を削らないことをモットーとしております。かぶせ物や詰め物などの製作の際、歯の削除量(削る量)は最小限にしております。このため、他院に比べ、かぶせ物や詰め物が少し壊れたり取れやすい場合があります。

万が一、壊れたり、取れてしまった場合、当院にご相談ください。2年間の補償期間を設けておりますので、再製作の上でのお口のトラブルがない限り補償致します。

lp-img

ママたちによる口腔×育児の新しいカタチ

「ママとキッズのデンタルクリニック」+「ママスマイル(オンラインでの美容マウスピース)」という、二つの全く新しいコンセプトを融合させた令和時代の歯科のカタチ。
「子供たちの口腔の健やかな成長を目指して、ママ同士で育児を助け合おう」という、歯科医師や患者さんといった枠組みを超えた「ママ同士の口腔育児プロジェクト」です。

©ママとキッズのデンタルクリニックAll Rights Reserved.