プレママ・マタニティ歯科外来

ママになるための歯科検診

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯は存在しません。ほとんどの場合、一番身近なママから唾液を介して赤ちゃんへと移るとされています。

そのため、赤ちゃんと接する機会の多いママには予防ケアの意識を高めて頂きたいのです。

また、子供が産まれてからはなかなか自分へのケアが行き届かない部分もあります。妊娠前、妊娠中のケアも重要となります。

マイナス一歳から始める予防ケア

妊娠すると女性ホルモンの分泌量の影響で、身体の免疫が下がり、歯周病やむし歯になりやすくなります。実際に、妊婦さんの約70%が、お口のネバつきや、歯茎からの出血、口臭を自覚されています。

また、つわりで気持ち悪くて歯磨きしづらかったり、食生活が変化したり…気持ち的にも歯科受診したくなくなったり…ママの身体は妊娠を機に、様々な変化が起こります。

最近の研究で、妊婦さんの歯周病が、早産、流産、低体重児出産のリスクを上げるという事がわかってきました。

ですから、妊娠前、妊娠中から赤ちゃんを受け入れるためのお口の準備も必要なのです。

妊娠•出産後の治療

妊娠初期(1~4ヶ月)

赤ちゃんの身体が作られる大切な時期です。 この時期には積極的な治療は行わず、赤ちゃんへの影響を少なくします。

妊娠中期(5~8ヶ月)

ママの体調もお腹の中の赤ちゃんも比較的安定してくる時期です。 この時期に必要な治療を進めていきます。

妊娠後期(9ヶ月~)

この時期からはいつ陣痛が来てもおかしくありません。なるべく治療は避けます。この時期まで治療が続いていれば一旦お休みし、出産後に治療再開も考えます。

当院では、現役ママドクターや、女性スタッフが妊娠期の不安な気持ちに寄り添いながらサポートしております。

lp-img

ママたちによる口腔×育児の新しいカタチ

「ママとキッズのデンタルクリニック」+「ママスマイル(オンラインでの美容マウスピース)」という、二つの全く新しいコンセプトを融合させた令和時代の歯科のカタチ。
「子供たちの口腔の健やかな成長を目指して、ママ同士で育児を助け合おう」という、歯科医師や患者さんといった枠組みを超えた「ママ同士の口腔育児プロジェクト」です。

©ママとキッズのデンタルクリニックAll Rights Reserved.